薬の効き目は気持ちの問題

病気を治すのではなく、どうやったら病気になりにくくなるか

40歳を超えると嫌でも健康に気を使わないといけなくなってきた。
半年前、腹の調子が悪いので胃腸薬を飲んだが一向に回復せずそのうち熱は出るわ腹はきりきり痛むわで病院に行くと大腸憩室炎との診断で即入院。

 

看護師から「よくこの状態で我慢してましたね。痛かったでしょう」と言われてしまった。
それからが大変で絶食してひたすら点滴の毎日。
ご飯が楽しみで生きてる様な人間に絶食ほどつらいものはない。クラミジア症状

 

とにかくCRP(炎症反応)の数値が改善しない事には何も食べられないのでひたすら食べれる日を待った。
1週間経ってようやく許可が出て「やっと食べられる!」と思って出てきたのは何と重湯。
悲しいやら情けないやら。

 

それから五分粥、七分粥、全粥と進みやっと白米が食べれたのは2週間経った退院の日だった。
聞けば大腸憩室炎という病気は、高齢の方に多い病気だが最近は食生活の欧米化に伴い自分の様な年代でも増えている病気だそうだ。

 

これまでの暴飲暴食を続けているわけにはいかないと思い、退院時には栄養指導を受けて消化のいい食べ物を学んで帰った。

 

もう40だし、これを機会に体質改善にのりだそうと思い毎朝少しだけ早起きして会社に行く時には1つ手前の駅で降りて歩いたり、
エレベーターを使わず階段で歩いたりしている。

 

また、油の濃い食事は取らずなるべく野菜を摂るように心掛けている。
それまでは全く病院に行く事はなかったのだが、採血時に尿酸値が高いことや血圧も高めである事がわかったので退院後の受診時に薬を飲み始めることになった。

 

入院費はかかったが結果的によかったのかもしれない。
2か月ごとに受診して採血し改善した項目があると励みになる。

 

死んだ親父が長い間糖尿病で苦しんだのを見ていたし、糖尿病は遺伝性の強い病気なので自分も発症したらどうしようかと思っていたが定期的に受診しているとその心配も軽減されるし、リスクも最小限に抑えられる。バイアグラ通販

 

今はネットを見ても「病気を治すのではなく、どうやったら病気になりにくくなるか」といった病気を未然に防ぐ予防医療の考え方がいろんなところで広まっているが、
やっぱりいざ自分が病気になってみないと自分のこととしてとらえるのは難しいものだ。

 

今回命にかかわる様な病気でなかったからよかったようなものの、これが心筋梗塞や脳梗塞だったらと思うとぞっとする。
あまり難しく考えず日々できることから始めて行こう。

薬は気持ちの問題が大多数を占めています

 

健康にこだわるのであれば、医師に相談することをおススメします。
健康診断をする時もありますが、健康診断は年に一回もしくは2年に1回しかないということです。

 

健康に自信があったとしても、身体の不調がある時には、必ず医師に相談するべきですね。
身体が悪いときでも薬をもらうためには、必ず医師の処方箋が必要になります。

 

薬の売っている薬局は、病院とは関係がないようなフリはしますが、ほとんど病院の一部なのですから、病院の中に入ってくれればいいのにと思いますね。
お金が儲かる場面には、どうして、こうなっているのだろうという疑問が浮き出てきます。バイアグラ通販

 

薬局での薬に関しても、この場合も同じことが言えるのでしょうね。
薬局に入っている薬は、ジェネリック医薬品という薬も発売はされていますが、効果のほどはどうなのでありましょうか。

 

値段も普通に売っている商品と比べて見ると、3割ほど安い値段になっていますね。
薬の効き目は、本人思っている気持ちの問題が、多く含まれるようです。

 

例えば、「この薬は今までで紹介した薬の中でも、一番評判が良かった薬だから一度試してみて」と医師に言われた薬を使う時と、
「この薬はほとんどの人に効果がなかった薬なんだ」とウソを言って薬を投与すると、例えを聞いていた患者からは、説明通りの効果を表す人が多かったそうです。

 

ですが、実際は逆のことをしていて、配布した薬と説明した薬とは、違うものを使用してもらったようです。
それでも、効果が出ないはずの人に効果がでたということは、この効果はブラセボ効果を言われています。バイアグラジェネリック

 

ブラセボ効果は、自分の思い込みがどれ程のものなのかということを、はっきりと分からせてもらえます。
薬を飲む時は、自分に言い聞かせることと、疑わないということです。

 

疑うと、効くと言われる薬でさえも、副作用を起こすことになりかねません。
薬は医師を信じて、疑わないようにして飲みましょう。

 

病は気から、薬も気持ちの問題が大きいようです。

遠くが見えにくいというだけで、命に関わるわけではないのが視力の問題。
車の運転などで危険が伴わない限り、近視は病気ではないというのが一般的だと思う。

 

近年は、コンタクトレンズやレーシックの技術向上などで、ますます病気という考えには及ばないのが現状のようだ。
だが、そもそも機能を補助する道具を必要とする時点で、それはある程度の障害であると言えなくはないだろうか。

 

近視には一般的にいう近視と、強度近視というものが存在する。
強度近視は、視力障害を起こす根本的な原因が「眼軸」と呼ばれる眼球の形そのものにあるので、
場合によっては深刻な障害を起こすようになる。簡単にいうと、黄斑変性や網膜剥離などだ。レビトラジェネリック

 

私自身、強度近視が原因で黄斑変性になっている。
テレビなどで一時期頻繁に紹介していたので周知されているかもしれないが、
こうなると非常にものが見えにくくなる。歪んで見えること甚だしいので、自分の視界で酔ったりすることもある。

 

もちろん眼鏡などで矯正することは出来ない。
ここが一般的な近視と最も違うところで、強度近視で起こった網膜変性に有効な治療法は、
今のところ存在しないのだ。ips細胞の臨床治験の対象は「加齢黄斑変性」しかも萎縮性ではなく滲出性に限局されている。

 

つまり、近視は近視と言われているような感じなのだ。では、近視だと病気とはいわないのか。
例えば、白杖を使わなければならないいわゆる「障がい者」の認定を受けられるような疾患のある方の場合、明らかに病気という判断になる。

 

その意味で近視は「障がい」には値していない。
但し、それは眼鏡などで矯正できることが前提にあるからだ。では、視界がひどく歪んで元に戻せないような状態は「障がい」と呼べるのではないだろうか。

 

ここ5年ぐらいの間に、ほんの少しだが強度近視を「病的近視」と呼ぶところが出てきている。
病気であるという判断が少しずつでも浸透していってくれると、この不便な視界でこうしてPCに向かい合う日々も報われる気がする。バイアグラ体験談

 

近視は病気じゃない、近視なんか病気と呼ばない。
眼科医ですら時折そう表現するけれど、近視という病気で頑張っている人はこうして少なからず存在している。

健康には医師の言葉が、一番見にしみるのではないでしょうか。
医師の方々の健康管理というのは、一番は病院に毎日いることで、体内の免疫を作られている、と言う結果が報告されています。

 

本当のところは不明ですが、菌まみれの病院にいることで、身体が丈夫になっているようですね。
これと同じく、子供の頃から菌との生活を慣れさせておかないと、人間の身体の菌への強さがなくなり、
菌の強さに体力的にも精神的にも負けてしまう時が、来るかもしれないということです。

 

今までと同じ方法ではなく、菌をインフルエンザ予防のように、身体に取り込むようにして、人間の身体を菌より強くしていくしかないでしょうね。
医師に言わせると、菌との共存を避けるようになっていて、予防や清潔感をあまりに出しすぎているのが、近頃ヒドイと言っています。シアリスジェネリック

 

問題は清潔にしすぎることで、風邪にひきやすい身体、アトピーやアレルギー、ぜんそくなどの症状を訴える人が急増しているということです。

 

汚い環境が良いというわけではなく、過剰な清潔感はなくても良いということでした。
医師の健康管理も一般の方と同じで、インフルエンザ予防のワクチンは毎年接種しているようです。

 

インフルエンザは毎年ワクチンが変わるからということで、免疫がつかない病気だからだそうです。

 

あとは、医師でもビタミン剤は飲んでいるそうです。
食事から接種出来るビタミンは限られていて、体内に保存できないからということです。

 

薬に頼りすぎないで、自分の食事や睡眠から健康を考えるのは、私たち一般人となんら変わりはありません。

 

ちなみに、医師でもやはり風邪を引くことがありますが、そんな時は「ウガイ」を重点的にするそうです。
ウガイは風邪の予防にも助かりますし、風邪かなと思った時にも効き目があるようです。デパス通販

 

家に帰れば、ウガイ手洗いをすることは一般家庭と同じようで、薬を飲んで治すことよりも一番の効果が現れるそうです。
医師も、健康には気をつけているのですね。

私たち人間にとって健康が一番大切な物と言えます。
人間にとってお金が大切と言う人も居るかもしれませんが、お金では健康を買う事はできないのです。

 

たとえ大金持ちだったとしても、頻繁に病気になっていたのでは人生を楽しむ事が出来ないのです。
人生を楽しめなければ生きている意味がありませんから、健康が一番大切な物と結論付けられるのです。

 

とはいえ健康と言うものは簡単に維持する事が出来ないものなのです。
一般的に健康を維持するには食べ物の栄養のバランスを取れば良いと言います。

 

更に適度な運動も必要と言われています。
しかし食べ物の栄養に気を付けていたとしても適度に運動をしていたとしても、病気にならないとは言えないのです。ニキビに効く薬

 

病気には原因がある物がほとんどですが、中には自分ではどうする事もできない原因で病気になってしまう事があります。
そのような病気にかかってしまったら、自分ではどうする事もできないのです。

 

そこで医療の力が物を言うのです。
古くから病気を治す為に多くの人が病気を研究し続けてきました。

 

そのおかげで今では不治の病と呼ばれる病気がだいぶ減って来ています。
しかし残念な事に未だに不治の病が存在してしまっているのも事実なのです。

 

ですがこれから更に医療が研究され進歩すれば、今では不治の病と言われている病気も治す事が出来る日が訪れると言えます。
ですから私たちは医療が一刻も早く進歩する事を祈るだけと言えます。

 

しかし祈っていただけでは健康を維持する事はできませんから、私たちでもやれることはやった方が良いのです。
医療の進歩には実験台が必要になります。

 

新しい医療や薬が開発されても直ぐに患者さんに使う事はできないのです。
そこで治験と言って人の体を使って試験をするのです。

 

私たちがその治験に協力する事で、医療の進歩は早まるのです。
医療が進歩すれば現在病気で苦しんでいる人たちを助ける事が出来ます。

 

更に今後病気にかかっても簡単な治療で治す事が出来るのです。
医療が進歩する事で健康維持がしやすくなりますから、私たち一人一人ができるだけ協力する事が大切です。